『ドラゴンボール超(スーパー)』はHulu・dTV・U-NEXTのどこで動画配信してる?

『ドラゴンボール超』はHulu・dTV・U-NEXTのどこで動画配信してる?

テレビアニメ『ドラゴンボール超』の動画がHulu・dTV・U-NEXTのどれで配信されているか、動画配信サービスを比較してまとめました。

るみ

ドラゴンボール超を見るならドコが良いのかな?

みう

本作を視聴したい方やドコで視聴しようか迷っている方などはぜひ、参考にしてみてください♪

 

アニメ『ドラゴンボール超』が動画配信されている動画サービス一覧

『ドラゴンボール超』の動画を配信している動画サイトを一覧表にまとめました (バナーをクリックすれば各公式サイトに飛びます)

動画配信サービス名 配信状況 月額料金(税抜き)
1,990円
× 933円
◯(有料) 888円
△(76話まで) 500円
△(46話まで) 400円
× 325円
△(76話まで) 800円(ベーシック)
配信状況は随時変わりますので、最新の配信情報は各公式サイトにてご確認ください。

>> 無料で『ドラゴンボール超』を見るならこちら  

huluでアニメ『ドラゴンボール超』は動画配信をしている?

huluは海外発の動画配信サービスで、海外の映画・ドラマは新作から名作まで幅広く取り揃えられているので海外の動画作品好きにおすすめの配信サービス。

みう

残念ながら現在、huluではアニメ『ドラゴンボール超』は配信されていません

>> アニメ『ドラゴンボール超』を見れるhuluはこちら  

 

U-NEXTでアニメ『ドラゴンボール超』は動画配信をしている?

U-NEXTは動画数は日本最大級の12万本以上、34万冊以上のラインナップを取り揃えている動画配信サービス。 月額1,990円と他のサービスよりやや高めですが、登録から31日間の無料トライアルがあるので、無料で利用することができます。

みう

現在、U-NEXTではアニメ『ドラゴンボール超』は配信しています

>> アニメ『ドラゴンボール超』を見れるU-NEXTはこちら  

 

dTVでアニメ『ドラゴンボール超』は動画配信をしている?

dTVはNTTドコモが提供する動画配信サービスです。 月額500円で12万本の動画が見られて、かなりおトクです。

しかし、見放題作品は2万本ぐらいしかなく残り10万本は有料となっている為、注意が必要。 dTVも31日間の無料トライアル期間が設定されているので、見放題作品は初月無料で楽しむ事が可能です。

みう

現在、dTVではアニメ『ドラゴンボール超』は配信しています

>> アニメ『ドラゴンボール超』を見れるdTVはこちら  

 

『ドラゴンボール超』見逃し配信されてる動画サービスまとめ

  • 『ドラゴンボール超』は5つのサービスで配信されている
  • アニメを見るなら31日間無料お試しがあるU-NEXT

>> U-NEXTの31日間無料登録はこちら  

 

『ドラゴンボール超』の作品情報

あらすじ

全宇宙の運命を賭けた魔人ブウとの壮絶な戦いから4年後[27]。平和な地球に再び危機が訪れようとしていた。創造神である界王神と対を成す全宇宙のバランスを保つ存在、破壊神ビルスが長い眠りから目覚めた。その目的は、破壊神である自身に比肩しうる力を持つ可能性を秘めた“超サイヤ人ゴッド”なる存在が、39年後に現れるという予言を信じてのことだった。 付き人であるウイスから、フリーザを倒したというサイヤ人の話を聞き、界王星に修行に来ていた孫悟空の前に現われる。「強さの次元が違う」という未知の存在を目の前にワクワクする悟空は、界王の忠告を聞かずにビルスに闘いを挑むが、その圧倒的な実力差を前に手も足も出ずに敗北を喫する。 さらなる破壊と伝説の戦士“超サイヤ人ゴッド”を求めて、ブルマの誕生日パーティーが開催中の孫悟飯やベジータらサイヤ人がいる地球へと向かったビルス。界王からの忠告で幼い頃の記憶が甦ったことと、パーティーに現れたビルスとウイスを目の当たりにし、破壊神の次元の違う危険性を察するベジータは、家族と地球のため、穏便に帰らせようとダンスまで踊って奮闘する。その甲斐あって大事なく済むと思われたが、そのベジータの安堵の隙にミスター・ブウとビルスがプリンを巡ってケンカになってしまう。 引用:wikipedia

キャスト・声優

孫悟空、孫悟飯、孫悟天 – 野沢雅子 ピッコロ – 古川登志夫 クリリン、ヤジロベー、占いババ – 田中真弓 ベジータ – 堀川りょう トランクス – 草尾毅 ミスター・サタン – 石塚運昇 魔人ブウ – 塩屋浩三 ヤムチャ – 古谷徹 天津飯 – 緑川光 餃子、ブルマの母 – 江森浩子 亀仙人 – 佐藤正治 ブルマ、ブラ – 鶴ひろみ カリン – 魚建 チチ、プーアル – 渡辺菜生子 ビーデル、パン – 皆口裕子 ウーロン – 龍田直樹

スタッフ

原作・ストーリー原案・キャラクター原案 – 鳥山明(集英社「ジャンプ・コミックス」刊) 企画 – 情野誠人(フジテレビ)、渡辺和哉(読売広告社)、森下孝三(東映アニメーション) プロデューサー – 野崎理(第1話 – 第53話)→橋爪駿輝(第50話 – 第131話)(フジテレビ)、佐川直子(読売広告社)、木戸睦(第1話 – 第83話)、寺本知資(第26話 – 第46話)、高見暁(第37話 – 第131話)、櫻田博之(第77話 – 第131話)(東映アニメーション) 音楽 – 住友紀人 製作担当 – 末竹憲(第1話 – 第108話)→稲垣哲雄(第89話 – 第131話)・小林克規(第109話 – 第131話) 美術デザイン – 行信三 色彩設計 – 堀田哲平(第1話 – 第46話)→加藤良高(第47話 – 第131話) キャラクターデザイン・作画監修 – 山室直儀[20] シリーズディレクター – 地岡公俊(第1話 – 第46話)→畑野森生(第33話 – 第76話)、羽多野浩平(第68話 – 第76話)→長峯達也・中村亮太(第77話 – 第131話)[1] 音響監督 – 本田保則(第1話 – 第76話) 編集 – 西村英一 編集助手 – 向井咲子(第60話 – 第131話) 録音 – 伊東光晴→新垣未希 録音助手 – 新垣未希→阿部智佳子 選曲 – 佐藤恭野(第77話 – 第131話) 効果 – 西村睦弘(フィズサウンドクリエイション→JetSoundEngine) 記録 – 沢井尚子 アシスタントプロデューサー – 出樋昌稔(第1話 – 第25話)(フジテレビ)、静美保(第1話 – 第108話)(読売広告社)、石川啓(第42話 – 第46話)(東映アニメーション) 制作協力 – 東映(第1話 – 第108話) 制作 – フジテレビ、読売広告社、東映アニメーション

PV・動画

公式サイト

ドラゴンボール超公式サイト      

 

>> 無料で『ドラゴンボール超』を見るならこちら

配信状況は随時変わりますので、最新の配信情報は各公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です