海外ホスティング入門

海外ホスティング入門ホーム > サイトの最適化方法 > OptiPNG による PNG 画像の最適化

サイトの最適化方法 ~ OptiPNG による PNG 画像の最適化

特に PNG 画像については、劣化無しで画像サイズを小さくするための、優れたツール・コマンドがあります。

私の経験では JPG などの他のフォーマットでは最適化をするツールを実行すると、意外と逆にサイズが大きくなったりしておかしなことになる場合があるのですが・・・(苦笑)

ここで紹介する OptiPNG は zlib ライセンスで利用可能な PNG の最適化ツールで、Google のウェブ最適化の記事やツールでも紹介されているなど、 大変広く使われています。

Linux 及び Windows でも利用可能です。

OptiPNG の入手方法

OptiPNG のウェブサイトからダウンロード可能です。

Windows では zip ファイルをダウンロードして、それを展開します。optipng.exe を C:\Windows などにコピーしておけば良いでしょう。

Ubuntu では apt-get install optipng でもインストール可能ですが、最新版をインストールする場合には前出のサイトからダウンロードしましょう。

OptiPNG の実行例

基本的には次のように、ファイル名を渡せばそれを最適化します。

optipng foo.png

出力ファイル名を変えるには、次のように -out オプションで出力ファイル名を指定します。

optipng -out foo_min.png foo.png

最適化レベルを指定するには、-o0, -o1, -o2, ... , -o7 の 8 段階で指定できます。レベルが高い方がサイズが小さくなる可能性がありますが、 処理時間がかかります。指定しなければ -o2 同等になります。

optipng -o5 foo.png

複数ファイルへの OptiPNG の実行

Windows での複数ファイルへの OptiPNG の実行

例えば次のような方法で、現在のディレクトリ内の全 png ファイルに対して、optipng を実行できます。

>FOR /F "usebackq" %i IN (`dir *.png /b`) 
  DO optipng -o5 -out optimized\%i %i

実際は DO で折り返さず一行で記述します。FOR コマンドについては「意外と知られていないけど、知っていると便利な FOR コマンド」をみてください。

ここでは optimized という名前のサブディレクトリに最適化後の出力ファイルを保存しています。

Linux での複数ファイルへの OptiPNG の実行

$ find . -type f -name '*.png' -exec optipng -o5 {} +

ここでは現在のディレクトリ以下のサブディレクトリ全ての *.png ファイルに対して optipng を実行します。 入力ファイルをそのまま上書き、最適化を実行しています。

■ 初期費用、維持費の安い使いやすい安定した Web ホスティングを探している方におすすめ

当サイトでおすすめの初心者にも使いやすく、初期費用、維持費の安い使いやすい安定した Web ホスティングは『ブルーホスト』です。 Web サイトの最適化も当サイトで実証済みです。

新規ドメインの取得も簡単(通常、オンラインで取得手続き後直ちに利用可能)、WordPress、Joomla などのブログ、CMS についても簡易インストールサービスも含まれています。 特に WordPress についてはオフィシャル・ホスティングとして有名です。

» ブルーホストの詳細情報はこちら

海外ホスティング入門ホーム > サイトの最適化方法 > OptiPNG による PNG 画像の最適化



© 2008-2015 All Rights Reserved