海外ホスティング入門

海外ホスティング入門ホーム > サイトの最適化方法 > HTTP (GZIP) 圧縮転送

サイトの最適化方法 ~ HTTP (GZIP) 圧縮転送

HTTP (GZIP) 圧縮については、ウェブサーバーの設定ができればいいのですが、 例えできなくても、PHP からそれを利用することも可能である場合もあります。

例えば私が Bluehost で実施した方法は次の通りです。

PHP の GZIP 利用

ブルーホスト ではサーバーの設定による HTTP 圧縮転送は設定できません。

しかし PHP を用いて、GZIP 転送をすることは可能です。

PHP ファイル

PHP スクリプトについては、次の1行で GZIP 圧縮が有効になります。

ob_start('ob_gzhandler');

コンテンツ出力後、最後に次を呼びます。

ob_end_flush();

従って結局、次のようになります。

<?php
ob_start('ob_gzhandler');
?>
<html>
...
</html>
<?php
ob_end_flush();
?>

JavaScript, CSS など

*.js や *.css については (a) PHP で処理を行い (b) 適切な Content-Type を設定するという2点を行います。

PHP で処理させるためには .htaccess に次の二行を追加します。

AddHandler application/x-httpd-php .css
AddHandler application/x-httpd-php .js

これだけだと、PHP の標準の Content-Type (=text/html) になってしまいますから、 js ファイルや cs ファイルの先頭に次の php コードを追加します。

header('Content-type: text/javascript; charset: UTF-8');

■ 初期費用、維持費の安い使いやすい安定した Web ホスティングを探している方におすすめ

当サイトでおすすめの初心者にも使いやすく、初期費用、維持費の安い使いやすい安定した Web ホスティングは『ブルーホスト』です。 Web サイトの最適化も当サイトで実証済みです。

新規ドメインの取得も簡単(通常、オンラインで取得手続き後直ちに利用可能)、WordPress、Joomla などのブログ、CMS についても簡易インストールサービスも含まれています。 特に WordPress についてはオフィシャル・ホスティングとして有名です。

» ブルーホストの詳細情報はこちら

海外ホスティング入門ホーム > サイトの最適化方法 > HTTP (GZIP) 圧縮転送



© 2008-2015 All Rights Reserved