海外ホスティング入門

海外ホスティング入門ホーム > サイトの最適化方法 > 同じコンテンツはいつも同じ URL で配信する

サイトの最適化方法 ~ 同じコンテンツはいつも同じ URL で配信する

同じリソースを指定するために、複数の異なる URL で指定することが可能です。簡単な例では、 www の有無で全く同じコンテンツを指し示す場合があります。

この場合、ブラウザは同じリソースを取りに行くために複数の HTTP 要求を発生させることになりますから、無駄になります。

Page Speed を使うと同じコンテンツを指し示す URL をチェックすることができます。それが Serve resources from a consistent URL という項目です。

Page Speed を利用した Web ページの最適化

また、ちょっと蛇足ですが、同様な問題として SEO における URL の正規化問題というのがあります。URL カノニカライズ問題とも言います。

これは http://keicode.com/ と http://keicode.com/index.php が全く同じドキュメントを返すときに、サーチエンジンがそれぞれを別のページとして扱ってしまうことによって、 ページランクが分散されてしまうという問題です。

このようなカノニカライズ問題に対応するために、上のような / と index.php の違いであれば、index.php に次のような 一文をヘッダーに書いておきます。

<link rel="canonical" href="http://keicode.com/" />

こうすることによって、検索エンジンが同一ページの URL 違いであることを正しく評価できるようになります。

■ 初期費用、維持費の安い使いやすい安定した Web ホスティングを探している方におすすめ

当サイトでおすすめの初心者にも使いやすく、初期費用、維持費の安い使いやすい安定した Web ホスティングは『ブルーホスト』です。 Web サイトの最適化も当サイトで実証済みです。

新規ドメインの取得も簡単(通常、オンラインで取得手続き後直ちに利用可能)、WordPress、Joomla などのブログ、CMS についても簡易インストールサービスも含まれています。 特に WordPress についてはオフィシャル・ホスティングとして有名です。

» ブルーホストの詳細情報はこちら

海外ホスティング入門ホーム > サイトの最適化方法 > 同じコンテンツはいつも同じ URL で配信する



© 2008-2015 All Rights Reserved