海外ホスティング入門

イチオシのホスティング会社 > ブルーホスト > Django のインストール - Admin メディアファイルを利用する設定

Django のインストール - Admin メディアファイルを利用する設定

このページでは、ブルーホストまたは ホストモンスター上に Python2.6 を用いて Django 1.2.3 (1.2.4も動作確認済み) をインストールして利用するさいに、Django の管理画面のメディアファイル (css, js, 画像ファイル) を提供する方法を示します。

基本的に Django ではスタティックファイル(メディアファイルといいます)は扱わない方針なので、こうしたメディアファイルは別に扱うことになります。

Admin メディアファイルのため .htaccess を変更する

.htaccess は次のように変更します。 /media へのアクセス時に fast cgi に処理を回さないようにします。

AddHandler fcgid-script .fcgi
RewriteEngine On
RewriteRule ^(/media.*)$ /$1 [QSA,PT]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule ^(.*)$ mysite.fcgi/$1 [QSA,L]

上のリライトルールによって、 Django は関係なく普通のスタティックファイルとして認識されることになるわけです。 なので後は普通の HTML ファイルや画像ファイルを扱うときと同じで、/media でアクセスできるところに必要なファイルを配置すれば OK です。

管理画面が使う media ファイルってどこにあるの?

そもそも、管理画面が使う css や画像ファイルなどは、Django ソースファイルの、django/contrib/admin/media にあります。

Bluehost (やホストモンスター)では、Django は $HOME/.local/lib/python2.6/site-packages/django にインストールされるので、 メディアファイルは結局 $HOME/.local/lib/python2.6/site-packages/django/contrib/admin/media に配置されます。

なので、public_html 以下のあなたのウェブサイトをホストするディレクトリに、ここへのシンボリックリンクを作成するか、あるいは単純に、django/contrib/admin/media ディレクトリ毎ファイルをコピーしてくれば OK です。

【関連記事】 この記事を読んだ方は、こちらも気に入るはずです。

» 海外ホスティング比較・ランキング一覧



© 2008-2015 All Rights Reserved