海外ホスティング入門

共有サーバーと専用サーバーは何が違うの?

ホスティングのプランは、驚くほどいろいろあって、選ぶのに困りますよね。

特に、共有サーバープランと専用サーバープランの違いは、最も料金にも差があるので、それらが何であるか知らないと、どちらを迷うべきか迷ってしまいます。

サーバーの利用形態としては、現状大きく3種類に分けて考えればよいでしょう。

  • 共有サーバー
  • 専用サーバー

「共有サーバー (Shared Server)」 はその名の通り複数の顧客で1台のサーバーを共有して利用します。 例えば Web サーバーやメールサーバの用途などで用いられるサーバーは特に、 クライアントからのリクエストが発生していない時には特に CPU 資源が空いている状態になるので、 複数の顧客で空いた時間を使うのはコンピュータ資源の大変有効な利用方法といえます。 また同時にコストも低く抑えられるので大変理にかなった良い方法です。

専用サーバーは 1 台のサーバを占有する利用を行う場合です。 高度な時間のかかる計算が必要な場合等、サーバーのリソースを占有するような利用をしなければならない場合には、 この利用形態が必要になります。またサーバーの完全な管理権限を持たなければならないような場合にも、専用サーバーである必要があります。 この場合は当然ながらコストも高くなります。 スタティックコンテンツの配信が主の通常の Web サイトのホスティングの場合には、専用サーバーまでは不要であるのが普通です。


» ホスティング・レンタルサーバーとは? に戻る

» 海外ホスティング比較・ランキング一覧



© 2008-2015 All Rights Reserved